たじまのしぜん

ギフチョウ

ギフチョウの季節がやってきた。今年は3月の下旬、4月の初めには姿を見せるだろう。早春の一時期だけに現われる原始的なアゲハチョウ。春の女神といわれる清楚な姿。一度は出会いたいチョウだ。
 各地で絶滅の危機にあり、めったに出会えないと思われがちだが、但馬では人里近くに、かなり普通に生息している。しかし、油断せずモニタリングが必要だ。
 ギフチョウの仲間は、中国、朝鮮半島などの東アジアに生息し、日本にはギフチョウとヒメギフチョウの2種類がいる。
 幼虫はカンアオイ類を食べ、成虫はミツバツツジなどで吸密する。但馬では少ないが、カタクリはギフチョウの吸蜜植物として有名。人の手が入った明るい里山が生息には最適。

RECOMMEND

投稿日 :
たじまのしぜん

タカノツメ

投稿日 :
ふるさと特派員

秋雨のなかの登山  <三成山)

投稿日 :
ふるさと特派員

大町藤公園の藤は?