たじまのしぜん

HOME たじまのしぜん 北へ帰る冬鳥たち

北へ帰る冬鳥たち

3月から4月にかけては、鳥たちの大移動の季節です。但馬地方で冬を越した鳥たちは、故郷へ向かって北へ北へと向かって飛び去って行きます。もっと南や西で越冬していた冬鳥たちも、移動の中継地として豊岡盆地を利用してゆきます。
最初の写真は、4月の田んぼでみかけたノスリです。冬の間、トビの次によく見かけた猛禽類のノスリも、本州の北の方面へと帰ってゆきます。但馬の山岳地帯でも少数が繁殖していると噂も聞きましたが、私自身は、冬以外に但馬でノスリに出会ったことがありません。

新芽がふいた河原のヤナギの梢で、ベニマシコのメスと出会いました。冬の間、河原などのブッシュの中で、小さな群れで行動をしていたアトリ科の小鳥。成鳥オスは赤い羽根が美しいのですが、今冬は近くで観察する機会がありませんでした。ちなみに、マシコは漢字で「猿子」と書き、申年の今年に似つかわしい野鳥のひとつです。

民家の庭先にもよくやってきて、プルルンと尾羽を振って愛想を振りまいてくれたジョウビタキも、旅立ちの時を迎えています。春のこの時期には、海岸でジョウビタキをたくさん見かけます。多くの渡り鳥が海岸線に沿って北へ移動してゆきます。
これからの季節、野鳥の繁殖シーズンです。それぞれの繁殖地で新しい命が生まれ、冬になるとまた彼らが但馬に戻ってくるのです。
写真・文 コウノトリ市民研究所 高橋 信

RECOMMEND

詳しく見る

投稿日 :
たじまのしぜん

キキョウ

詳しく見る

投稿日 :
たじまのしぜん

トラフズク

詳しく見る

投稿日 :
ふるさと特派員

気まぐれトールペイント展

  • サイドバナー

RANKING

POPULAR TAG

ライター一覧

  • サイドバナー
  • サイドバナー