たじまのしぜん

HOME たじまのしぜん どうぶつ ヒメウラナミジャノメ

ヒメウラナミジャノメ

春5月頃から現れ始め、秋まで見られる蝶。家の周りの草地や里山の林縁で普通に見られます。蝶といえば色鮮やかなイメージがあるので、これは蛾だと思う人も多いのではないでしょうか。幼虫の食草はイネ科植物、ススキやチジミザサなどで見られます。幼虫で越冬し5月ごろ羽化しますが、1年に3回ぐらい世代を重ねます。飛び方はゆっくりで、ヒメジョオンなどで吸蜜します。

翅の裏側は、波型の模様。これが「ウラナミ」いわれる理由です。「ジャノメ」は蛇の目。「ヒメ」は、ウラナミジャノメという別種より、少し小さく華奢なイメージなので「姫」なのだと思います。ヒメコガネ、ヒメゲンゴロウ、ヒメハナカミキリのように、ヒメは種名によく使われます。コクワガタ、コガムシのようにコも小さいという意味でよく出てきます。コガタノゲンゴロウのようなストレートな種名もあります。
蛇の目模様は捕食者を脅すため。一瞬の隙に逃げます。一見地味ですが、よく見るとなかなか凝ったデザインで、見方によっては美しい蝶です。

RECOMMEND

詳しく見る

投稿日 :
ふるさと特派員

元日の朝、和田山町の初日の出

詳しく見る

投稿日 :
ふるさと特派員

加藤文太郎を訪ねて

詳しく見る

投稿日 :
ふるさと特派員

ごあいさつ  <但馬ふるさと特派員グループ>

  • サイドバナー

RANKING

POPULAR TAG

ライター一覧

  • サイドバナー
  • サイドバナー