たじまのしぜん

アシナガタケ

アシナガタケ    ハラタケ目 キシメジ科 クヌギタケ属 
脚長茸        (Mycena polygramma )
アシナガタケ。広葉樹林の落葉、落枝などから秋に発生。写真のものは、豊岡市内の自宅庭で発生したもの。

傘は幼菌時は卵型で徐々に開き円錐形から中央部が突出する。

カサの径は2㎝ほど。
柄は5~10センチ程度になり、弱弱しく地味ながらも森の妖精感がある。
ごく近縁種にニオイアシナガタケがあるが、こちらはヨードチンキの臭いがするという。そのような臭いはしないのでアシナガタケとした。

また、アシナガタケの特徴としては柄に縦線がみられることである。明確なものではないが、かろうじて縦線が確認できた。

普通種。無毒であるが食用の価値はない。

RECOMMEND

詳しく見る

投稿日 :
ふるさと特派員

特派員5月活動は小天橋方面ジオウオーク

詳しく見る

投稿日 :
ふるさと特派員

新春五社巡り「浜坂編」

詳しく見る

投稿日 :
ふるさと特派員

白糸の滝

  • サイドバナー

RANKING

POPULAR TAG

ライター一覧

  • サイドバナー
  • サイドバナー